台風で窓ガラスが割れる風圧は風速48m?対策に外側に段ボールがいい!

台風で窓ガラスが割れる風圧は風速48m?対策に外側に段ボールがいい!

この記事では、

・台風で窓ガラスが耐えられる風圧と、

・台風で窓ガラスが割れないための対策

・知人の窓ガラスが割れた経験談

をまとめました!

お金がかからない方法がほとんどですので、台風対策としてやっていてチェックしてみて下さいね。

 

台風がやってくる時期になりましたね!

ひと昔前は、

台風は九州など南にやってくるもの

というイメージが強かったのですが、最近は、本州の北の方にもよく上陸するようになりましたね。

筆者は九州の人間なので、家に雨戸がついているのは当たり前、

台風=雨戸を閉める

は鉄則ですが、最近のアパートやマンションには雨戸がついてないところが多いようです!

雨戸を閉めずにいると台風の風の影響で窓ガラスがたわみ、

「この窓ガラス、どのくらいの風圧まで耐えられるの?」

と気になったことがあります。

そこで、窓ガラスが、台風に耐えうる風圧はどのくらいなのかや、

家で簡単にできる台風の時の窓ガラス対策、そして実際に私の知人宅が窓ガラスが割れてしまった時の体験談を記事にしました。

目次よりお好きなところをお読みいただけます^^

スポンサーリンク

Advertisement

台風で窓ガラスが割れる風圧はどれくらい?

台風が来ると風でしなる窓ガラスを見て毎回ヒヤヒヤしますよね。(我が家の裏の窓は雨戸が無いのです)

ニュースでよく、

「風速○○mの風が吹いています・・・!」

と聞いたことありませんか?

一般な窓ガラスは一体どのくらいの風圧にたえれるのか調べてみました。

結果から言うと、

窓ガラスは、瞬間風速48.0m/秒まで耐えられるように設計されているそう。

その計算を、ガラスの会社、AGCさんが計算されていました。

AGC公式サイトはコチラ←

沖縄など、特に風速の強い地域のガラス窓は、一般家庭に使用するガラスより強度は強く設計されていて、もっと大きな風速にも耐えられるようになってはいるそう。

「風速48.0m/秒」ってどのくらいの風?

風速48m/秒って強いの?どうなの?と気になりますよね。

参考にですが、現在までの台風で最大瞬間風速は、宮古島で観測された瞬間最大風速85.3m/秒だそう。

窓ガラスが耐えられる風圧の約二倍近くの瞬間最大風速ですよね~。。

こちらは最大値にしても、「風速40メートルの風が・・・」と台風のニュースでよく言っているような・・・。

風速48m/秒がボーダーラインです。

ニュースでよく放送されている「瞬間最大風速」を見逃さないようにしなくてはですね!

何もしないでヒヤヒヤしているより、何か対策をとれるなら取った方が気持ち的にも安心ですので、簡単に出来る窓ガラスの台風対策をご紹介します。

今回は、シャッターをつけるなどお金のかかる対策ではなく、タダ、安価で出来る対策をご紹介します!

スポンサーリンク

Advertisement

台風の窓ガラス対策①|外側に段ボールや板を貼り付け

簡単にできて安心感もあるのがこの方法。

窓の外側に段ボールを貼るだけです。

今、台風が来ていて外に出ることが出来ない!そんな場合は内側に段ボールを貼り付けるだけでも効果はありますので、

できれば外側に段ボールを貼り付ける。急な場合は家の中から段ボールを貼り付けて台風をやり過ごしましょう。

板を張り付けることができるなら板の方がもちろん強度は高いです。しかし賃貸では釘を打ったりできませんので、持ち家の場合は板で窓ガラス対策もできます。

ちなみに、段ボールを貼り付ける際、ガムテープですと跡が残ってしまうので、「養生テープ」がおすすめです。

こんなテープです↓↓

カウネット きれいにはがせる養生テープ ライトグリーン 1巻|関連ワード【ガムテープ 梱包テープ】

窓自体に貼るのではなく、窓枠に貼り付ければガムテープでも跡が気になる事はありません。

ガムテープしかない場合は窓枠に貼りつけましょう。

養生テープの代用品はガムテにマステ?台風から窓ガラスを守る貼り方も紹介!

台風の窓ガラス対策②|外にものを置かない

これはもう行われている対策化とは思いますが、確認のためにも外にのものを閉まってくださいね!

台風で窓ガラスが割れる原因のほとんどは風圧ではなくどこからともなく飛んできた飛来物によって割れることが多いそう。

台風が来るとあらかじめわかるので、ベランダにあるゴミ箱や鉢植え、物干し竿などを出来る限り室内へ運びましょう。

室内に置けない場合は、ロープで固定するなどして飛ばないように対策を取りましょう。

スポンサーリンク

Advertisement

台風の窓ガラス対策③|防犯フィルムを貼る

防犯フィルムとは、もともと空き巣に侵入を防ぐフィルムです。

こういったフィルムで、2000円前後で売られています。↓↓

ガラス飛散防止フィルム 10枚 セット 40cm 30cm ガラス 飛散防止 フィルム 防犯フィルム 防犯シート 飛散防止フィルム 飛散防止シート 窓 窓ガラス ガラス窓 防犯 透明平板ガラス用 透明 侵入抑止 ガラス破り対策 防犯対策 空き巣対策 内貼り対策

防犯フィルムは窓の内側から貼り付けて外部の侵入防ぐことが出来るので、飛来物が飛んできた場合も窓ガラスの破片が飛び散らないという利点もあります。

また、風にもある程度耐えられるので、台風の対策にもピッタリですね!

窓ガラスが割れた経験談

参考になるかどうか分かりませんが、実際に台風でガラスが割れてしまったかたが知人でいましたので体験談をシェアしたいと思います。

筆者の以前勤めていた会社のアルバイトの男の子が、とあるアパートの一階に住んでいたんです。そのアパートには雨戸がついていなく、特に対策はとっていなかったそう。

何かが飛んできて窓ガラスが「ガシャーーン」とすごい音で割れてしまったそう。

とんできたものはプラスチック製の鉢。

自分では持ってないものなのでどこからかとんできたものだそうです。

割れた後はしばらく段ボールでふさいで過ごしたそう。

自分に比があるわけではないのに可哀そうでした。

こうならないように、やはり外側からの対策は必須ですね!

 

▽関連記事▽
【運転見合わせ】と【運休】の意味と違いは?「運転の中断」とも言う!

まとめ

今回は、窓ガラスが台風に耐えられる風圧と、窓ガラスの台風対策をまとめました。

■台風時、窓ガラスが耐えうる風圧は、48.0m/秒

という事、

■台風時の窓ガラス対策には段ボールが有効

■ベランダに置いているものはしまうように!

■防犯フィルムは台風対策も防犯もできて一石二鳥

といった台風のときの窓ガラスの対策をご紹介しました。

今からでも出来る対策を施して万全な状態で台風に備えましょう!