亀の子スポンジの口コミと使い方!銅と銀の違いは?ミニマリストも愛用の理由

亀の子スポンジの口コミと使い方!銅と銀の違いは?ミニマリストも愛用の理由

この記事では・・・

  • 亀の子たわしでおなじみの会社から販売されている【亀の子スポンジ】の、
  • 評判(口コミ)や人気の秘密、
  • 銅と銀の違いって何?
  • 他の普通のスポンジとの違いや特徴、そして使い方
  • 亀の子スポンジはどこで買えるのか
  • などなど、【亀の子スポンジ】についての気になることを調査しました!

     

    亀の子たわしってご存知ですか?

    茶色い定番のたわしの老舗店が販売されているたわしのブランドなのですが、

    最近巷で噂となっているのが、そのたわしの老舗ブランドから販売されているスポンジ、

    「亀の子スポンジ」なんです!

    ミニマリストが好んで使用しているとかで、長持ちしてコスパがいいとか・・・

    さらに銀イオンの力で雑菌の繁殖を防ぐといった特徴のあるスポンジなんです。

    気になる亀の子スポンジの効果などまとめましたので、購入前の参考にされてみて下さいね!

    スポンサーリンク

    Advertisement

    亀の子スポンジの口コミや人気の秘密

    最近ミニマリストの間でも使っている人が多いという【亀の子スポンジ】。

    その人気の理由と、実際に使用してみての口コミを集めてみました。

    亀の子スポンジの人気の秘密

    亀の子スポンジの人気の秘密は、

    水切れがいい

    亀の子スポンジは一般的に使われているスポンジに比べて目が粗くなっているので、水切れがとってもいいんです。

    ひとつデメリットがあり、スポンジの目が粗いので食べ残しなどの食品カスが目詰まりしてしまうといった部分が難点です。

    ただ、スポンジをこすり合わせれば取れるので、食べ物のカスが詰まった場合はスポンジをこすり洗いするか、つまようじなので取り除けば大丈夫ですよ!

    オシャレなデザイン

    スポンジに「お洒落感」が必要?と思う人もいるかも知しれませんが、もちろん必要です!

    パッと見て真っ白で統一されていたり、スッキリとしたキッチンを見ると気持ちも上がりますよね~!

    ミニマリストがこぞって購入する点は、このスタイリッシュな見た目もあるのではないでしょうか?

    スポンジには珍しい「白」のスポンジは亀の子スポンジならではですよね。

    ちなみに、パッケージのビニールにもこだわっているそうで、紫外線で日焼けしがちなスポンジを守るために透明な袋にわ
    わざわざUVカットの加工もほどこしている程のこだわり!

    季節ごとに限定色として様々な色の亀の子スポンジが販売されます!そのカラーも絶妙におしゃれな色なんです(笑)!

    例えば、2019年春バージョンはコチラ↓

    View this post on Instagram

    cotogoto コトゴト/日本の手仕事・暮らしの道具店さん(@cotogoto.jp)がシェアした投稿

    絶妙な桜色です!
    その他、ビームスとコラボしていたり、とにかく「ただのスポンジ」ではないんです!

    メインで売られているカラーは、

    • ホワイト
    • イエロー
    • グレー
    • 直営店限定色オレンジ

    です。季節限定は先ほどの春バージョンのサクラの他に、

    夏限定色
    フォレスト(グリーン)・オーシャン(水色)

    秋限定色
    コーヒー(焦げ茶)・カフェオレ(茶)

    冬限定色
    メルロー(紫)・シャルドネ(黄緑)

    といったラインナップを展開しています。

    どれも絶妙な色あいで、毎日キッチンで使うのがワクワクしちゃいそうなカラーです。
    抗菌力

    他のスポンジと大きく異なる点と言えば、この「スポンジ自体に抗菌力」があるという部分。

    亀の子スポンジは銀イオンをスポンジ自体に練り込み、銀イオンのパワーで菌の繁殖を抑制しているのだとか。

    6時間経過時点で大腸菌0157が検出できないという結果がか検査機関で出たそう。

    台所のスポンジは意外と菌が繁殖しやすい環境なので、この「抗菌力」があるのが一番の人気の秘密ですね。

    亀の子スポンジの口コミ・使用感はどんな感じ?

    気になる購入者の口コミ・レビューはどんな感じかというと・・・

  • ・泡立ちはいいのに洗った後の水きれがとてもいいので衛生的かも
  • ・今まで百均のスポンジ使用です。百均のものに比べて、洗える面も大きいし握りやすい。泡立ちもいいし長持ちします。
  • ・洗剤が少量でも泡立ちがすごい!
  • ・お値段は若干張りますが長く使えるのでコスパは良いと思います。
  • ・100均やスーパーのものと比べて型崩れせず長く使える。
  • ・一個半年持ったことがあります。それほど長持ちします。
  • ・水道代が安くなりそうなほどするする汚れが落ち、家事の時短にも役立っています。
  • だいたいの口コミはこのような、「長持ち」や「泡が立つ!」という口コミが多かったのですが、中には「ん~微妙かな?」という口コミをされている購入者さんもいらっしゃいました。

    銅(DO)購入者さんです

  • ・水切れは良いので衛生的ですがその分洗剤切れも良いので洗剤を使う量が増えた。
  • ・スポンジの硬さは長持ちしますが、銅が含まれている部分は2か月でボロボロになりました。
  • 銀(Ag)購入者さん
    ・最初は使いやすくていいのですが、あっという間にふにゃふにゃになりモロモロ壊れてしまいました。

    耐久性があるという多くの口コミがある一方、「ふにゃっふにゃになる」など耐久性がイマ一つないなぁと感じている使用者さんも一定数いらっしゃるようですね。

    スポンサーリンク

    Advertisement

    亀の子スポンジ・銀(Ag)銅(Do)の違いは??

    先ほど口コミでも触れましたが、亀の子スポンジには様々な種類が売られていて、その中で一番人気なのが銀イオンの刷り込まれている定番スポンジですが、

    その他にも、銅の微粒子を混ぜ込んだ『亀の子スポンジDo(銅)』という商品があります。

    この銅バージョンのスポンジの特徴を挙げてみましょう。

  • ・古来より抗菌効果に定評のある「銅」の微粒子を、スポンジ表面のグリーン・オレンジの部分の塗料に混ぜ込み塗布している
  • ・水きれ泡切れがよく耐久性もある。
  • ・持ちやすい木の葉型の形
  • ・値段が銀に比べると割安
  • このような特徴がありました!

    で、銀と銅の亀の子スポンジの違いはと言うと、抗菌作用は銀と銅、それぞれあるので同等かと思われますが、

    ・価格が違う
    銀のスポンジは一個300円(税抜き)のところ、銅スポンジは一個248円(税抜き)です。
    小さめの木の葉型にはもっとお得な二個セットで367円(税抜き)とお得なセットがある。

    ・見た目が違う
    亀の子スポンジ銀には見た目重視のため、銀を塗布した表面も色を変えていないのですが、銅の方には100均などでもよく見かけるような、緑×黄色や、オレンジ×黄色といった定番のスポンジの色を使用している。
    形も握りやすい木の葉型と四角と両方揃えている。
    お風呂用のスポンジは銅。

    以上のような違いがありました。

    お値段がお得なのはちょっと惹かれちゃいますね!

    お洒落な銀も気になるし、持ちやすそうな銅も気になる・・・両方とも使ってみたい!!

    スポンサーリンク

    Advertisement

    亀の子スポンジは楽天・Amazonでも買える?オンラインショップもあり!

    普通のスーパーで探しての絶対に見つからないのが【亀の子スポンジ】。

    都会ならともかく、地方の田舎に住んでいる私のような人はなかなか直営店には買いには行けません。

    ちなみに、亀の子たわしの直営店はとってもおしゃれなショップなんですよ~!

    まるでセレクトショップやカフェのような雰囲気なんだそうです。

    何でも、亀の子スポンジは販売店を限定しているそうで、どこでもかしこでも売っている!というわけではないんですね。

    亀の子スポンジを取り扱っているお店一覧はコチラです↓

    https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/spongeshop

    私の住んでいる地域には車で一時間程にある「ロフト」にて販売されていました。ちょっと面倒・・・ですね(笑)

    そんな時はネットで購入しちゃいましょう!

    オンラインショップがありますのでオンラインショップでの購入が定価で購入できますよ!

    ただし、送料が地域別でかかってくるのですが、最安でも600円以上する送料でした。ちなみに私の住んでいる地域は1080円(泣)

    5400円以上のお買い上げで送料は無料になるそうです!

    楽天・Amazonでは売っているけど定価より高め

    楽天をチェックしてみたところどうやら販売しているショップはなさそうでした。

    Amazonではあるのはありましたが、全体的にちょっとお高めでした。

    定番のホワイト(銀)

    亀の子スポンジ 食器洗い ホワイト 3個セット

    銅のグリーン

    亀の子 キッチンスポンジ Do 角型 グリーン 3個セット 22192162

    銅のオレンジの木の葉型

    亀の子 食器洗い スポンジ Do 木の葉型 オレンジ 3個セット 22192263

    やはり、取り扱い店で購入するのが送料もかからないので一番お安く購入できますね!

    スーパーではなく、おしゃれな雑貨店に売っているみたいなので雑貨店をチェックすると亀の子スポンジに出会えるでしょう!

    亀の子スポンジの使い方

    亀の子スポンジの銀も銅もどういった特徴があるかは分かったのですが、使用方法がイマイチ分かりませんでしたので早速問い合わせてみました!

    私が疑問に感じたのは二点。

    一点目は、銀と銅を塗布した部分で洗ってもよいのか?と、

    二点は、殺菌作用はずっと続くのか

    という二点が気になりました。

    亀の子束子西尾商店さんに問い合わせしてみたところこんな回答を頂きました!

    ・亀の子スポンジ (Ag+)銀イオン

    発売当初は片面に銀イオンを塗布して販売しておりましたが、現在は銀イオンを

    スポンジに練りこんでおりますので、どちらの面でもご利用頂けます。

    ▼参考:亀の子スポンジ(Ag+)グレー

    https://www.kamenoko-shop.jp/SHOP/22182402.html

    ・亀の子スポンジDo 銅イオン

    オレンジまたは緑の塗料に銅イオンを混ぜ込んで塗布しておりますので、抗菌力を

    長持ちさせるために使用時は反対側の黄色の部分をご利用ください。

    ▼参考:亀の子スポンジDo 角型オレンジ

    https://www.kamenoko-shop.jp/SHOP/22192103.html

    また抗菌力の持続性につきまして、永続的なものではございませんのでご使用と

    ともに抗菌力は徐々に減少致します。

    少しでも長く清潔に保つために、使用後はスポンジをしっかり洗い水を切って保管

    して頂くようお願いしております。

    交換タイミングとして、約2ヶ月を目安にご案内しております。

    このような回答を頂きました!

    現在は銀の方はスポンジ全体に銀が塗布されているので表裏ないそう。

    逆に銅のスポンジは塗布されている面は使用しないようにとの事でした。

    また、抗菌力はやはりずっとは続かないので目安は2か月交換が目安との事。

    疑問が解決されてスッキリ^^です!

    スポンサーリンク

    Advertisement

    亀の子スポンジまとめ

    以上、亀の子スポンジの口コミや銀と銅の種類の違い・購入場所のおすすめなどをまとめました。

    是非使用してみたいですね!

    白のスポンジって恐らく亀の子たわしでしか見ない色です。その【白スポンジ】がミニマリストの方々にも評判いいみたいですよ!買うならやっぱり白。ですかね!

    汚れが目立たないグレーも気になります・・・!

    購入場所が限られていますのでなかなか手に入らないのが難点ですが(>_<) 使ってみた際はレビューいたしますね!   ミニマリストさんの洗濯にこちらもおすすめ!私も愛用中です 洗濯マグちゃんは効果ない⁉原因と二ヶ月使用したレビュー!

    IHヒーターの焦げはスポンジじゃなくラップでOk!ガンコな焦げも綺麗に取れますよ~

    IHヒーターのこげた汚れを簡単に落とす方法を画像付きで紹介!