マグちゃんを自作!使用感とメリット・デメリット【画像あり】

マグちゃんを自作!使用感とメリット・デメリット【画像あり】

この記事では・・・

「洗濯マグちゃん」という、洗剤無しでお洗濯出来るという噂のグッズを手作りできる!?と知った筆者が、

  • 実際に購入して自作した際のにかかったコストや
  • 自作マグちゃんの作り方
  • マグちゃんを自作してからのメリットなどリアルな口

コミ

を画像とともにまとめましたので、マグちゃんをまだ購入したことが無いかた、マグちゃんを手作りしようかな、と迷っているあなたにおすすめの記事となっておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

マグちゃんを自作した際にかかった費用は!?

元々、市販のものを愛用している筆者ですが、(使用二ヶ月目の洗濯マグちゃんレビュー記事はこちら⇒⇒です。)

マグちゃんを使用しているうちに、

「もっと増やしたい!お風呂にも入れて、水素風呂を味わってみたい!」

という欲が出てきました。(笑)

以前、マグちゃんを自作したときと、市販のものを購入したときのコスパを調査したのですが(マグちゃんの自作方法とコスパについてまとめた記事がこちら⇒⇒です。)

圧倒的に自分で作った方がお得でしたので、今回ちょっと奮発してマグちゃんの元となるマグネシウムの粒を500g購入いたしました。

私が購入したのは、こちらの品です。↓↓↓

500gで税込み4300円でした。

楽天ポイントがたまっていたので全額楽天ポイントで購入しました!つまり実質無料で購入することが出来ました。

楽天はポイントが本当にサクサク貯まるのでおススメですよ~。特に楽天カードのカード払いが貯まりやすいですし便利です!

その月の0と5が付く日はポイント5倍なのでだいたい0か5のつく日に何かしら商品を購入しちゃっています。

一応リンクを貼っておきますね!気になった方は是非^^

 

では、お洗濯用のマグちゃんとお風呂に入れる用のマグちゃんを作るのに、実際にかかった費用はというと、

マグネシウム粒・・・4300円
洗濯ネット×2・・・216円

だいたい4500円ほどで完成しました!

お風呂用のバスマグが一万円以上するので、1/2以下の金額で出来ちゃいますよ~!

それでは次項で作り方を写真付きで公開します。

自作マグちゃんの作り方

準備したのはコチラ!

マグネシウムの粒

お洗濯用にマグちゃんの洗濯ネット

お風呂用の洗濯ネット

・お風呂用の洗濯ネットは、吊り下げられるような作りのものを選ぶのがポイントです!

購入したマグネシウムの粒の裏に使い方が詳しく書いてありました。

裏の表記にはこんなことが書かれていました。↓↓↓

MAGUTUBU(高純度マグネシウム粒)の特徴
◆水やお湯に入れると

化学反応を起こし、水素の微発砲が発生します。

水がアルカリ水になります。

水にマグネシウムイオンが溶け込みます。

*長時間水に浸け続けると表面に被膜ができます。

◆軽い
実用金属の中ではもっとも軽く、鉄の1/4です。

◆制振効果
振動を抑える効果が非常にたかい金属です。

㊙ポイント
洗濯をすることにより、表面の被膜の生成を抑えることが出来ます。

水との反応が悪くなった時は、食用酢で洗うことにより、繰り返しご使用が可能です。


洗濯で、表面の膜ができにくいんですね!知らなかった~

使用用途

お風呂に
市販の洗濯ネットに入れて、お湯張り時から浴槽に入れて使用します。
使用後は、浴槽から取り出し、乾燥させてください。
お洗濯に
市販の洗濯ネットに入れて使用します。
しつこい汚れには浸け置き洗いがお勧めです。
お掃除に
バケツに水とMAGUTUBUをいれ、アルカリ水を作り、拭き掃除に使用します。
肥料として
家庭菜園、観葉植物に。土壌も水と同様にアルカリ性になります。

それではマグネシウムの粒を洗濯ネットに入れていきましょう!

計りに洗濯ネットを乗せ、大きいネットの方には300g

小さい方には50g投入します。

だいたい写真くらいの量が目安です。

多い分には問題ないと思いますが、少ないと少ないなりの化学反応しか得られませんので注意が必要です!

後は、お風呂に入れるなり、お洗濯に使用するなりすれば完成です。

お風呂では、水気を切るために上に乾かしておきます。こんな感じです。

少々邪魔ですが、見慣れればどうってことないですよ~。

Advertisement

手作りのマグちゃんのメリットは?使用感レビュー!

手作りマグちゃんを使用しはじめてそろそろ2週間ほど経過しましたので、使用感とメリット・デメリットなどをレビューしたいと思います。

手作りマグちゃん・使用感は?

お風呂用に作った手作りまぐちゃんの使用感から!

お風呂のお湯張り前に浴槽に投入するそうなので、毎日お風呂を洗ったら上に干してある手作りマグちゃんを入れてお湯張りしました。

なんとなーくですが、お湯がまろやかになった気がします。

中を確認してみると確かに微発砲していました!

お風呂上りのポカポカあったかい感じがいつもより続いているような気がします。

あくまでも体感なので、「気がする」というあいまいな表現をお許しください(笑)

お洗濯用に追加したマグちゃんはどうだったかというと、

量を増やしたおかげで、今まで洗剤も併用しないと少しだけ不安だった部屋干し臭が、マグちゃんのみでも臭わなくなりました!

9キロ満タンでのお洗濯にはやはりマグネシウムの粒が200gほどは必要ですね~。

手作りマグちゃん・メリット

そして、マグネシウムの粒を入れる前と入れた後のお風呂の違いとして、メリットを感じたことが二つありました。

ひとつは、

アトピー気味だった次男(三歳)が、お風呂上りにほとんど痒がらなくなった!ということ。

夏は汗疹で痒がり、冬は乾燥した空気で痒くなり、一年中痒がっていた次男ですが、マグちゃん風呂にしてから格段にかゆがらなくなりました!

これは本当に嬉しい効果です。

そして二つ目は、

お風呂の洗剤がいらなくなったことです。

どういうことかというと、洗濯マグちゃんは排水溝も綺麗にしてくれるらしいので、浴槽、そしてお風呂の排水口までも綺麗になるのでは?と考えているのです。

購入したMAGUTUBUの裏に、上の章でも書きましたが、

お掃除に・バケツに水とMAGUTUBUをいれ、アルカリ水を作り、拭き掃除に使用します。

という記述もあるので汚れを落とす効果もあるという事。

実際、マグちゃん風呂を始めてから、お風呂上りに浴槽をスポンジか手で軽くこすり、お湯をためるときにシャワーで細かいゴミなどを流しつつスポンジのみでこするだけですが、

ぬめりを感じることもないです。洗剤を使わないことで洗剤残りも心配ありません。

手作りマグちゃん・デメリット

いいことずくめのお風呂マグちゃん。デメリットはあるの?

と気になるところですが、デメリットは・・・ほぼないです!

唯一デメリットを挙げるとすれば、メンテナンスが必要なことくらいでしょうか。

メンテナンスについては、こちらの記事⇒⇒(濯マグちゃんのメンテナンス方法を画像で解説!クエン酸で洗濯槽のごみも減った⁉)で詳しく解説しています。

中の粒を見てみて、黒くなっていたらメンテナンスの必要があるらしいです。

メンテナンスといっても、お金はほとんどかかりません。クエン酸か酢に20分ほどつけるだけなので簡単ですよ~!

自作した手作りマグちゃんのまとめ

いかがでしたでしょうか?これから自分で作ってみようかな~と思っているあなた!参考になりましたか?

初期投資が5000円ほどと、簡単にポンッ!と出せる金額ではないですが、アトピーで悩んでいたり、カサカサ肌のお子さんをお持ちのお母さんには特に試してもらいたいなぁと思った一品です。

アトピーの原因はいろいろあるみたいですね。α-リノレン酸の記事でもありましたが、菓子パンやお惣菜、カップラーメン、市販の油を使用したお菓子などもアトピーの原因の可能性もあるそうです。

まずは、しばらくマグ風呂を続けてみて、次男の肌の様子やその他感じたメリットなどを追記していけたらな~と思います。

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

掃除とお洗濯カテゴリの最新記事