ヒハツの効果が出る期間は?使い方や効能も【髪や肝臓にも】

ヒハツの効果が出る期間は?使い方や効能も【髪や肝臓にも】

この記事では、髪の脱毛予防や冷え性に良いと言われている『ヒハツ』について、

  • ヒハツの効果が出る期間はどれくらい?
  • そもそもヒハツの効能は?
  • ヒハツの使い方や副作用
  • ヒハツの味レビュー

など『ヒハツ』について気になる情報をまとめました。
実際に私がヒハツを食べてみた(飲んでみた)口コミもあります。

スポンサーリンク

Advertisement

ヒハツの効果が出る期間は?

以前テレビなどで紹介されたこともある『ヒハツ』。
すでにご存じのかたも多いかと思いますが、ヒハツは「コショウ科」の植物です。
コショウと同じようにスパイスとして様々な料理で使われる香辛料の一種です。

ヒハツの効能は様々ありますが(下の章で詳しく紹介しています。)、効果が出る期間がどれくらいなのかがまず気になる所です。

結論から申しますと、

『まずは10日間は続けてみましょう。毛細血管が太くなる(可能性がある)!』

健康に良い食べ物の効果が出だすのは時間がかかってしまうイメージがありますが、ヒハツの効果が出だすのは「10日間」が目安です。

その理由がこちらです↓

10日間、1日1gのヒハツを摂取した大桃美代子の毛細血管をスタジオで再診断。ヒハツ摂取前はゴースト血管が見られたが、それよりも毛細血管が太くなり、血管が流れやすくなっていた。ただしヒハツの摂取しすぎには注意。
参照:価格ドットコム テレビ紹介情報

以前、『主治医が見つかる診療所」で紹介された情報です。
手足の末端にある毛細血管の血流が悪い「ゴースト血管」を改善する過程で、10日間、1グラムのヒハツを毎日摂取したところ、毛細血管が太くなったそうです。

もちろん個人差があるとは思いますが、1ヶ月続ければさらに効果を実感できそうですね。

2か月ほど続けると体感でも効果を実感してくるそうですので、2か月は毎日しっかり摂取したいところです。

但し、一回にまとめて摂取するのではなく、1日1グラム(小さじ半分程度)をしっかり守って摂取しましょうね。

(下の章でヒハツの摂りすぎによる副作用も解説しています。)

そもそもヒハツの効能とは

ヒハツを摂取することで毛細血管が広がって血流が良くなることが分かりました。
実はヒハツの効能は「冷え性改善」だけではないのです。
血行が改善されることで様々な悩みや不調が改善されます。

ヒハツの効能は、

  • 冷え性
  • むくみ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 脂肪燃焼
  • アンチエイジング
  • 髪の毛の脱毛予防・白髪予防

などなど女性はもちろん男性にも嬉しい効果もあります。
毛細血管が劣化することで、全身に酸素が行き渡らずに老廃物がたまりやすくなります。
また、「ヒハツ」には内蔵を温める作用もあるので、血流が大きく関係している「肝臓」にも良いと言われています。

むくみ・肩こり・頭痛

肩こりや頭痛などは慢性的に不調を感じている現代人も多いですよね。それは、長時間のパソコン作業や姿勢の悪さで体の血行が悪くなり頭痛や肩こりなどを引き起こします。

毛細血管が元気になると血流が改善され肩こりの改善や抜け毛の予防につながります。
また

脂肪燃焼・アンチエイジング

ヒハツに含まれる辛味成分の「ピペリン」という成分には、体内に蓄積した脂肪を燃えやすくする作用があります。
また、体をサビさせない抗酸化作用もあるのでエイジングケアにも。

髪抜け毛予防・白髪予防

頭皮にも毛細血管があります。毛細血管から栄養や酸素を取り込み髪の毛はつくられています。
そんな髪の毛の健康と血流は切っても切れないほど重要なのです。
毛細血管が元気になる事で髪の毛も元気になるというわけです。
「最近抜け毛が増えてきた」
「白髪が増えてきた」

というあなたはもしかするとその他の症状にも悩まされていませんか?
(かくゆう筆者がそうなのですw)
白髪や薄毛は、見た目でも劣化がばれてしまうのでぜひとも改善したいところです。
(産後の薄毛に悩み、その時は育毛剤やサプリにお世話になりました↓)
産後の抜け毛・髪型はヘアバンドで隠す!アレンジ方法と抜け毛経験談

そんな万能そうな「ヒハツ」ですが、実は摂りすぎはNGなのです。

ヒハツの摂りすぎで副作用はある?

ヒハツを摂りすぎることでの副作用、続けることでの副作用は、「明確」に記されているものはありません。
そもそも「香辛料」ですので、大量に摂取するものではないからです。
しかし、ヒハツに含まれる成分の「ピペリン」は過剰摂取すると胃腸を刺激して内蔵に負担をかけてしまう恐れがあるので、一日1グラムを厳守して摂取した方が良さそうですね。
振るタイプの容器に入れて「一日何フリまで」と決めると楽ちんですよ~!

食事にプラスすることでこういった慢性的な症状を改善できる「ヒハツ」ですが、どういった料理に合うのか調べてみました。

スポンサーリンク

Advertisement

ヒハツの使い方

ヒハツは香辛料と冒頭でもお伝えしましたね。
香辛料なのでほとんどの商品が粉末です。そして価格もそれほど高く無いので続けやすいのも嬉しいですね。

こちらの小瓶が15グラム入りです。
一日に1グラムなので、小瓶を15日で使い切る計算になりますね!

一個約300円ほどなので、一か月に600円しかかからない健康食品・・・とってもお手頃です。

120グラムの大容量もありました!↓

このヒハツですが、基本的な使い方は料理や飲み物に混ぜて摂取するのが一般的ですね。

(ニオイなどがどうしても無理!という場合は漢方のようにオブラートに包んで摂取することも可能です。)

「ヒハツ」と合う食べ物飲み物

香辛料のヒハツ、料理に合わないわけがありません!
特にヒハツと合う料理は、

  • ラーメン
  • チャーハン
  • 回鍋肉
  • ミートソースパスタ
  • ハンバーグ
  • カレーライス

中華料理やひき肉を使う料理にピッタリです!
中華料理には「八角」など強い香りのものを使用しますし、ハンバーグにも「ナツメグ」を使用したりしますね!

そういった香辛料の代わりに「ヒハツ」を使用してみましょう。
香りはシナモンにも似ていると感じる方もいるので、シナモントースト風に、「ヒハツトースト」もいいかもしれませんね!

・・・ここまで「ヒハツ」についてお伝えしましたが、

「で、実際どうなの??」

気になるかたもいらっしゃるかと思います。
筆者が実際に現在ヒハツを摂取しているので、味や効果をレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

Advertisement

ヒハツの味やにおいは?食べてみたレビュー

私が購入してみたのはこちら↓

【送料無料】 黒糖 生姜 パウダー 高知県産 ジンジャー ヒハツ 入り 180g

もともと生姜の粉末を探していた時にみつけたのがこの商品でした。

生姜パウダーがぽかぽかする・ダイエットに良いということで探していたのですが、「ヒハツ」の方が高機能だということでこちらを購入。

黒砂糖入りなので飲み物に主に入れて飲んでいます。

コーヒーや緑茶、ミルクティー等に入れて飲んでいるのですが、お味はとっても美味しいっ!!!
シナモンコーヒーやチャイのようなお味になるので我慢せず、美味しく飲むことが出来ます。

その他にも野菜たっぷりのスープに投入してみたり、色々試行錯誤していますが、私的には飲み物に入れるのが一番美味しいかな?と感じました。

特に朝イチ、白湯ヒハツを入れることで手足の末端がポカポカするのを感じます。
現在、ヒハツ生活2週間ほどなので、全部飲みきったら再びレビューしたいと思います!

【こちらの記事も読まれています】

シークワーサーの効能がスゴイ!一日の摂取量はどれくらい?口コミも!

【今でしょ講座】キムチとヨーグルトの効能やジューシー餃子の作り方!

豆乳の効能は肥満やがん予防など万能すぎる!苦手でも飲めるレシピも!

美容&健康カテゴリの最新記事