美容院での髪型の頼み方!美容師直伝の上手なオーダー方法とは?

美容院での髪型の頼み方!美容師直伝の上手なオーダー方法とは?

この記事では・・・

美容院で髪型を決める際、

「なんていえば良いのだろう?」や、

「いつも理想の髪型にならないんだけど!」

といったような、ヘアスタイルのオーダー方法の悩みを一挙に解決できる内容です。

筆者が実際に美容師さんにアンケート調査をした結果ですので、是非参考にしてみて下さいね!

Advertisement

美容室で髪の毛をカットする際、どんな感じで髪型をオーダーすればいいか迷う事ってありますよね!

特に初めて行くお店や、初めて担当してもらった美容師さんだとなおさら、自分の好みや希望の髪型を伝えるのってとっても難しいです。

せっかくカットしてもらうのに、どうせなら自分好みの髪型で毎日気分よく過ごしたい!

今回は、実際に毎日髪をカットしている美容師さん数人に、理想のヘアスタイルになるためにはどういう風に髪型をオーダーすればいいのか聞いてきましたので、是非参考にしてみて下さいね!

目次からもお読みいただけます↓↓↓

スポンサーリンク

美容院で理想の髪型にならない理由

そもそも、なぜ理想の髪型にすることがこんなにも難しいのか。

それはやはり、人それぞれの髪質や癖のせいだそう。

例えば、私の場合で言うと、くせ毛というかうねりが半端ないので、直線を生かすような前下がりのボブなどは到底できません。

また、ずっと通って長年お世話になっている美容師さんが担当だと、自分の髪型やファッションの好みを知り尽くしてくれているので、

「こんな感じでお願いします~。」

といった、ほぼお任せのゆるいオーダーの方法でも、きちっと理想通りのヘアスタイルになります。

しかし、なかなか一つの美容室に通い詰めるといった事も最近少なくなってきました。

ホットペッパービューティーなどのクーポンで、初めての来店で通常より割引してくれるお店が多いので、ついつい安くてお得なところを選んでしまいがちですよね。

しかし美容師さんとのコミュニケーションも大切なんです。

自分の趣味や好きなファッションを知ってもらう事で、失敗しないヘアスタイルを提案してくれます。

では、初めて行く美容院でもなりたい髪型を叶えるためにはどんなヘアスタイルの頼み方が一番良いのでしょう?

美容院で理想の髪型の頼み方・カタログ編

カタログで、理想のヘアスタイルを注文するのが一番スタンダードな頼み方ではないでしょうか。

雑誌を切り抜いて持っていったり、美容室にあるスタイルブックというおしゃれな髪型が沢山掲載されている本のなかから、またはスマホで画像を探して美容師さんに見せ、

「これにしてください。」

と伝えるだけなのでとっても簡単な頼み方です。

 

しかし!この「カタログ」から希望のヘアスタイルを注文する場合にも、美容師さんがお客に押さえて欲しいポイントがあるそうです。

①理想のヘアスタイルの前・後ろ・横のスタイルが分かる画像を提示する

正面だけの画像や写真だと、出来ないこともないですが、より詳細な希望の髪型の情報があった方が良いそうです。

ヘアスタイルの専門誌やサイトであればフロント・バック・サイドと写真がありますので、そういった本やサイトから希望のヘアスタイルをチョイスしましょう!

カタログからいくつか希望のヘアスタイルを伝え、なりたい髪型の雰囲気をつかんでもらう

カタログを見てなりたい髪型を選ぶ際は、一つではなくいくつか似たようなヘアスタイルのモデルさんの写真を提示しましょう。

そうすることで、自分の好みの雰囲気が伝わりやすくなります。

例えば、普段の服装がきれいめ系のファッションなのに、勘違いされてへスタイルは前髪ざっくりぱっつんにされてしまった!
何てことは筆者にもよくありました。

ですので雰囲気を分かってもらうためにも、「一番なりたい髪型」、「その次にこんなイメージです」といったように数点希望の画像を準備しておくといいかもしれませんね。

Advertisement

写真・カタログで髪型をオーダーする際の注意点!

カタログって、100%の状態で写真撮影されていますよね。

ヘアセットをプロが行った完璧な状態です。それを個人が、ましてや素人の私たちが毎日再現するのには無理な話です。

近頃はゆるふわパーマが多く見受けられますが、

「このゆるい感じでパーマをかけて下さい!」

というお客様が多いそうです。

しかし、そのゆるふわパーマ、ほとんどがヘアアイロンでセットされているそうで、パーマで出すには難しいんですって!

実際に直接お話を聞いた美容師さんによると、こういったセットでしか出せないパーマのオーダーが来た場合には、

  • 「これはヘアアイロンでしか出せませんよ」とお断りを入れる
  • それでも希望の場合はデジタルパーマを勧める
  • 前髪だけパーマがおすすめ!

だそう。

特に一番最後の、

「前髪だけパーマする」という発想は素人には無かったのでちょっとビックリしました。

前髪だけパーマしておけば、朝の忙しい時間のセットが早く終わるそうですよ~!前髪って顔の印象を変えてしまう程重要なところなので、

「いそがしい朝はサイドだけくるっと数回ヘアアイロンすればいいだけ。」

だととってもらくちんですよね!

美容師さんは細かくあなたのことを知りたい

直接お話を聞いた美容師さんによると、

「ヘアスタイルカタログのモデルさんの、特にどの部分が好みか詳しく知りたい」

「前髪はどれくらい、ここは残して欲しい」

など細かなオーダーを求めているそう。

プロの美容師さんは、細かく希望を教えてもらった方が案外カットしやすいそうですよ~!

美容院で理想の髪型の頼み方・おまかせ編

「おまかせでお願いします~」

と、常連で心も通った(?)間柄の美容師さんにお任せするのは良いと思いますが、

初来店での「おまかせカット」は非常に難しい!というアンケート調査の結果でした。

 

どうしても決められない時は、過去の自分の写メなどを見せたり、「こんな髪型は嫌」などなりたくない髪型をはっきり意思表示されたほうが良いでしょう。

美容院で理想の髪型の頼み方・男性編

男性の場合は、ざっくり「おまかせで」と言ってしまうひとも多いのではないでしょうか。

ですが、いくらお任せでいいと言っても、「清潔感のある感じ」や「ワイルドな雰囲気」など真逆なイメージもありますので、自分の職業にあったヘアスタイルがいい!というのは前提にありますよね。

ですので、

  • 耳にかかるのか、かからないのか
  • 襟足はどのくらいのこすのか
  • トップは長めに残すのか、短くするのか
  • サイドは刈上げるのか

などなど、実は自分の好みの長さがあったりするので、その辺をしっかり伝えてもらったほうが有難いそうです。

また、男性は特に頭の形がヘアスタイルにとても影響されるそうです。

(右側だけボコッと出ていたり、後頭部がへこんでいたり・・・)

そういった特徴があらかじめ自身で分かっているのであれば、はじめに美容師さんにお伝えしておくとスムーズにカットが進むそうですよ~!

美容院で理想の髪型の頼み方・芸能人編

俳優さんや女優さん、モデルさんなど芸能人や有名人がしている髪型って良く見えちゃいますよね!

そんな時に、

「女優の〇〇さんみたいにしてください!」

て言うの、恥ずかしくありません?(笑)

筆者は恥ずかしくてなかなか言えませんでした。

しかし、美容師さんは全然なんとも思わないそうですよ!むしろ具体的でありがたいそう。

好きな芸能が分かると、その人の雰囲気や好みもつかみ易いそうです。

ただ、一つ注意点としては、

「いつバージョンの芸能人か」

という時系列の部分をはっきりしなければなりません。

髪が短い時の〇〇さんなのか、パーマをかけているときの〇〇さんなのかといった部分です。

この辺もやはり、スマホで画像を検索して、希望の芸能人の髪型を直接見せたほうが良いようです。

最近では、タブレットを置いている美容室が増えてきているので、美容師さんと一緒に探すパターンも少なくないですね。

Advertisement

結婚式のヘアセットはYouTubeがおススメ!?

結婚式にお呼ばれした際などのパーティー用ヘアセットをオーダーする際、

「美容師さんがとってもわかりやすかった!」

と言っていたのが、YouTubeでのヘアスタイルのオーダー方法です。

動画なので美容師さんも非常に分かりやすかったそうです。

写真や画像の他にも、動画でヘアスタイルを注文する方法もありますので是非覚えておいてくださいね!

美容院での髪型の頼み方・要点まとめ

今回美容師さんに直接聞いた、理想の髪型になるためのオーダー方法の要点は以下です!↓↓↓

  1. 写真やカタログで注文する際はフロント・サイド・バックのスタイルが分かる写真で!
  2. 好みの髪型を数点提示して、自分好みのスタイルや雰囲気を理解してもらう!
  3. 残したい場所、前髪の長さなど細かい部分はしっかり伝える!
  4. 初来店での「おまかせ」はNG!
  5. パーティーヘアセットは動画でのオーダーも可能!

やはり画像や動画など、視覚で伝えるのが一番わかりやすくオーダーできる方法ですね!

使えるヘアスタイルカタログサイト4選!
【2019夏】ヘアスタイルトレンド!流行りの髪型サイトまとめ

カラーを失敗されたら・・・

ヘアカラーが思い通りの色にならなかったり、ムラになってしまったりといった経験も一度はあるかと思います。
やり直しして欲しいときの上手な言い方をこちらの記事でまとめていますのでよかったらチェックしてみて下さいね^^

美容室でカラーの失敗!やり直しの言い方や美容師の本音を調査

希望の髪型になって、気分のいい毎日を過ごしたいですね~!

それでは最後までお読み下さりありがとうございました。

お悩みカテゴリの最新記事