【5人家族の冷蔵庫を買い替え】買うときのポイント!500L以上が良い?

NO IMAGE

この記事では5人家族の我が家が、10年使った冷蔵庫をとうとう買い替えた時の様子をブログで報告しています。

  • 新しい冷蔵庫の買い替えのポイント
  • 実際に買い替えた冷蔵庫のスペックは?
  • 冷蔵庫を変えて光熱費が下がった?

などなど、5人家族の冷蔵庫買い替えのポイントや気になる電気代についてまとめました!

目次よりお好きなところからもお読みいただけます^^

スポンサーリンク

Advertisement

5人家族・冷蔵庫の買い替えのポイント

夫と子供(男の子3人)で暮らしている我が家。

先日10年使用していた冷蔵庫を買い換えました。

別に冷蔵庫が壊れたわけではないのですが、光熱費節約のために冷蔵庫を買い替えることに決めました!

買い替えの理由は

  • 冷蔵庫の寿命が10年(らしい)
  • 電気代を少しでも節約したい
  • 5人家族で375Lの冷蔵庫は小さくなった

という理由です。

冷蔵庫の寿命は10年と言われていますし、買い替え前の冷蔵庫(375L)では家族5人、冷蔵庫がパンパンだったのも理由のひとつです。

10年前はまだ夫と二人だけの生活だったので375Lの冷蔵庫でも余裕があったのですが、5人家族に増えたので容量も足りなくなるのは当たり前ですね(笑)

5人家族が冷蔵庫の買い替えの時に譲れないポイントは

  • 500L以上であるか?
  • 両開きの冷蔵庫
  • 電気代節約になるか?
  • 値段がお手頃

の4つ!

スポンサーリンク

Advertisement

5人家族の冷蔵庫の買い替えのポイント①500L以上であるか?

『5人家族で500Lは必要』と店員さんに助言を頂いて、我が家は500Lの冷蔵庫にしました。

10年前購入した冷蔵庫の容量が375Lだった我が家。

1週間分の食材をまとめ買いしちゃったら全然足りません。

でも、450Lくらいなら足りるかも??と思い大型電機店をチェックしていました。

同じメーカー・同じタイプの冷蔵庫で容量が450Lと500Lの製品を見てみると、その差は3万円ほど。

少しでも安い冷蔵庫が良かったので初めは500L以下の、450Lくらいの冷蔵庫を見ていたのですが、3万円の違いで大きなちがいがあるのを発見!

それは『両開きかどうか』です。

5人家族の冷蔵庫の買い替えのポイント②両開きの冷蔵庫

色々な冷蔵庫をチェックしましたが、どうやら500L以上の容量じゃないと『両開き』ではないみたい!

一応店員さんにも確認しました。

『両開き冷蔵庫』がいい!と思っていたわたしは必然的に500L以上の冷蔵庫しか選べないのです・・・。

なぜ両開きの冷蔵庫が良いのか?ですが、

家が狭いから!(笑)

という単純な理由ですw

片開きの冷蔵庫ですと、開けたときに通路いっぱいになってしまって通れないのです。。両開きですとそういった悩みも解消されます。

5人家族の冷蔵庫の買い替えのポイント③電気代節約になるか?

500L以上で両開き・・・そして大切なのは節電の冷蔵庫なのか?です!

買い替えを決意した理由でもある「電気代節約」。

家電量販店のPOPには、

「この冷蔵庫に変えると年間9000円以上の節約になります」

などなど魅力的な言葉が・・・(笑)

せっかく買い替えるのだから出来るだけ節電できる冷蔵庫を選みびました。

(節電★5つ!)

中には、500L以上、両開きでお値段も破格な冷蔵庫があったのですが(125000円)、節電★は3つでした。

今度の冷蔵庫は10年以上使うつもりでいるので、★5つは譲れません!

ここは個人的な価値観もありますが、私は節電を選びました。

5人家族の冷蔵庫の買い替えのポイント④値段がお手頃

上記の条件をすべて満たしつつ、一番お値段がお手頃な冷蔵庫が理想ですね。

家電量販店には「アクア」など、ちょっと安めのメーカーの冷蔵庫ももちろんあったのですが、そちらは省き、国産のものの中で一番お買い得な冷蔵庫に決定!

結局店員さんがイチオシの商品を選ぶという結果でしたが(笑)

実際に買い替えた冷蔵庫のスペックは?

私が買い換えた冷蔵庫はこちら(パナソニック製です)↓↓

(やっぱりネットが安い~泣)

  • 500L
  • 6ドア
  • チルド29L
  • 冷凍室94L

10年保証が欲しかったので私は店頭で購入しましたが、やっぱりネットが安いですね。。保証が必要ない!という方はネット購入でもいいかもしれません。

冷蔵庫を変えて光熱費が下がった?

まだ丸々一か月使用していないので比べようがないのですが、光熱費が下がったかどうか?こうご期待です!

また一か月後に光熱費下がったかどうか追記いたします!

それでは最後までお読みくださりありがとうございました!

家電カテゴリの最新記事