突発性虚血心不全の読み方と症状は?30代でも発症する理由

NO IMAGE

この記事では、「突発性虚血心不全」という病気について、

  • 「突発性虚血心不全」の読み方は?
  • 「突発性虚血心不全」の症状はどんな症状が出るの?
  • 「突発性虚血心不全」が30代など若者でも発症する理由

といった、「突発性虚血心不全」の病名や症状、若年層でもは発症するのはなぜか?をまとめました!

目次よりお好きな場所からお読みいただけます^^

スポンサーリンク

Advertisement

「突発性虚血心不全」の読み方は?

まずはこの「突発性虚血心不全」の読み方ですが、「とっぱつせいきょけつしんふぜん」と読みます。

言葉の意味からすると、突発的(急に)、虚血(動脈の血の量の減少)により心不全になるという意味ですが、実際の、「突発性虚血心不全」はどんな病気なのでしょうか?

スポンサーリンク

Advertisement

「突発性虚血心不全」の症状はどんな症状が出るの?

調べてみたところ、「突発性虚血心不全」とは、

虚血性心疾患とは

 心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返し、全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。

この収縮・拡張する心臓の筋肉(心筋)に、酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

 虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患です。

参照:公益税団法人日本心臓財団

心臓に血液がいかなくなる病気のようです。

さらに、「突発性」とありますので。何かしらの原因で「急に」心臓に血流がいかなくなった症状が、「突発性虚血心
不全」なのですね。

虚血性心疾患の診断は?

虚血性心疾患と診断される場合は、

虚血性心疾患を診断するためには、第一に心筋虚血によるさまざまな症状、たとえば狭心症や心筋梗塞、あるいは心不全、致命的不整脈と思われるような症状があって、第二に心筋虚血があること、第三に冠動脈に動脈硬化性病変があることを確かめるというのが手順となります。

上記のような症状や不整脈などがある場合、診断されることが多いようです。

「突発性虚血心不全」が30代など若者でも発症する理由

実はこの「突発性虚血心不全」という病気は、突然死の中で最も多い「急性心臓死」の中の一部に入るそう。

原因としては、食生活の乱れや運動不足、ストレスなども原因の一つとされているので、30代の働き盛りの方々でも十分なる可能性もある気をつけなけらばならない病でもあります。

スポンサーリンク

Advertisement

虚血心不全の予防法は?

先ほどもあげた通り、食生活の乱れやストレスなど、いわゆる「生活習慣病」が原因のひとつですので、予防法としては、健康的な食事や適度な運動を心掛けることが大切です!

その他にも、

  • 会社などの定期健康診断は必ず受診すること。
  • 年に数回は血圧測定をすること(特に30歳以上の人)。
  • 塩分はできるだけ少なくする。肥満を防ぐ。
  • 何か症状が出たら医療機関に受診する。
  • 禁煙
  • ストレスをさける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な人)。
  • スポーツなどの趣味を適度に生活の中に取り入れ、睡眠を十分に取る

参照:東京福祉保健局
上記のことを心掛けると良いそう!

突発性虚血心不全の読み方と症状は?30代でも発症する理由|まとめ

今回は>突発性虚血心不全の読み方と症状、予防法について簡単ですがまとめました。

若年層でも発症することのあるこの病気、生活習慣を見直し、ストレスをためないように過ごしたいですね!

それでは最後までお読みくださりありがとうございました!

ニュースカテゴリの最新記事