コーヒーゲーター(coffeegator)のフレンチプレスの口コミと美味しい淹れ方

コーヒーゲーター(coffeegator)のフレンチプレスの口コミと美味しい淹れ方

こんにちは!コーヒーは、リラックスタイムの必須アイテムですよね!
インスタントコーヒーもいいですが、やはりコーヒー豆を挽いて淹れるコーヒーは一味違いますし、カフェタイムの満足度も違います。

ズボラな私でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられて、かつオシャレな、『コーヒーゲーター(coffeegator)』のフレンチプレスの使用方法や購入してよかった点などを記事にしましたので、良かったら参考にされてみて下さい。

コーヒーを淹れるには色々な種類の機械や道具がありますがなぜ、『コーヒーゲーター フレンチプレス』にしたのか、まずはその理由から書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

様々なコーヒーのドリップ法があるが、なぜ『コーヒーゲーター(coffeegator)』にしたのか

冒頭にも書いた通り、筆者はズボラな部類の人間です。(とあまり大きな声で言うのは恥ずかしいのですが)
洗い物が多いのは嫌、ゆっくりお湯を自分で落とすのも嫌、、、と言うように、コーヒーを淹れる際の自分の「嫌だな~」「面倒くさいな~」という部分をまず挙げていきました。

電化製品のコーヒーメーカーは、アウトドアでは使えないし、故障するリスクもある。(実際購入した『クアトロチョイス』という商品が初期不良で使えませんでした。)
また、分解すると洗い物が多いのも嫌でした。

続いて、フレンチプレスを使用する前まで使用していたのが、ひとり用のハリオのステンレスのドリッパーでした。


ハリオ カフェオールドリッパー(1杯だて用)クリームブルー| 土居珈琲 コーヒー ドリッパー フィルター不要 一人用 コーヒーギフト 土居コーヒー ドイコーヒー コーヒードリッパー 土居 coffee 珈琲ドリッパー コーヒー器具 コーヒー用品 1人用コーヒードリッパー

ひとり分ずつで、洗い物も少なく、お値段もお安かったのでしばらくはこちらを愛用していたのですが、このタイプは自分でゆっくりゆっくりお湯を入れて使用するため、忙しい朝には不向きでした。
友人が来た時も、一杯ずつ淹れるので大変時間がかかりストレスでした。

このような、「嫌だなー」と思っていた部分を解決するのが『フレンチプレス』タイプのコーヒーメーカーだ!と思いつきました。

フレンチプレスは、「コーヒーのオイルまで抽出できるので一番おいしい状態にしてくれる」とどこかで聞いたことがあり、早速商品を検索。
色々な品がある中、ガラスのフレンチプレスのレビューを見てみると、
「割れたので再購入です」
などというレビューがちらほら。

せっかくいいお値段を出して買っても割れてしまっては悲しいな。と思い、購入したい商品の条件に「割れないもの」も追加しました。

商品を探した条件は、

・部品が少ない
・友人が遊びに来た時にふるまえるように大容量のもの
・割れないもの
・保温性に優れたもの
・お値段もお手頃なもの

という条件で探しました。

ガラス以外のフレンチプレスでは、ステンレスのものがありました。
ステンレスのものはガラスのものに比べて保温もできて、割れないので、ステンレスのコーヒーメーカーで商品を探しました。ほとんどが5000円以上、高いものでは一万円以上する商品がほとんどの中、コーヒーゲーターのフレンチプレスを見つけました!

楽天は少々お高いです。私はAmazonで購入しました。(ポイント購入もできるので楽天で、という方のために一応リンクを貼っています。

保温性抜群フレンチプレスコーヒーメーカー(グレー) 1L ステンレス製 マグ約4杯用 ミニ容器付 コーヒーの淹れ方の電子書籍送付
by カエレバ

『コーヒーゲーター』は、私が抱いていた全ての条件に当てはまるピッタリの商品でした。

『コーヒーゲーター』のゲーターの意味はワニ!オシャレなキャニスター付きでした

早速Amazonにて注文しました。

3日程で届きました。段ボールの中には大きめの箱が。マークに可愛らしいワニが!

開けてみると、本体のフレンチプレスの他にミニキャニスター(ほんとにミニ!笑)、英語の説明書、日本語の説明書が入っていました。英語の説明書はポストカードのような厚みのある素材で、説明書までもが素敵でした。

フレンチプレスのサイズ感がお知りになりたい方は、隣のポストカードサイズの黒い説明書と比べてみて下さい。約1リットル用なので、結構大きいですよね。

電子書籍付きと書いてありましたが、説明書には記入はなく、現在も電子書籍は配布されていません。

日本語の説明で、コーヒーの淹れ方が書いてありましたので、そちらを見ながらフレンチプレスの淹れ方が分かりますので何とか大丈夫でした。
電子書籍の件は購入先に問い合わせしたいと思います。

『コーヒーゲーター フレンチプレス』の美味しい淹れ方

最高のコーヒーには、沸騰直前まで沸かしたお湯が最適です。
できるだけ96度に近づけてください。

コーヒー

フレンチプレス方式は中~粗挽きのコーヒーに最適です。以下のお湯とコーヒーの比率が推奨されていますが、自分自身で美味しい比率を見つけてください。

・エスプレッソカップ1杯分=コーヒー大さじ2杯/10.5g お湯180ml
・エスプレッソカップ2杯分=コーヒー大さじ4杯/21g   お湯350ml
・エスプレッソカップ4杯分=コーヒー大さじ8杯/42.5g   お湯710ml

コーヒーの淹れ方

1. 使用前にプレスとカップにお湯を入れて温める。温まったらお湯を捨てる。

2. 挽いた後のコーヒーをプレスに入れる。

3. お湯(沸騰していない)をプレスにゆっくり注ぐ。

4. 混ぜた後、蓋をする。(ブランジャーは押さない)

5. 4分間放置し、蒸らす。

6. 表面の泡をすくい取り、再度蓋をする。

7. 再度5分放置して蒸らす。

8. ブランジャーを強く押す。

9. カップにゆっくりと注ぐ。

10. 美味しいコーヒーを楽しむ。

*コーヒーが沈殿する場合は、より粗挽きのコーヒーを使用し、淹れた後の最後の数滴を注がないようにしてください。また、ブランジャーを押さないでコーヒーを注いでみて下さい。
これを守るのと守らないのではコーヒーのカスの出方が違います!食器洗浄機はNGでした。

ちなみに、食器洗浄機はNGでした。

私は、塗装されている方を購入したのですが、使っていくうちに塗装が剥げそうだな~と思いました。
これから購入される方は、塗装無しのタイプがお勧めですよ~!

大容量で、ある程度は保温できるので(魔法瓶のように熱々というわけにはいきませんが)、沢山作って来客にもすぐふるまえるし、自分でも何度も作らなくてよいところが気に入っております。

また、お手入れも蓋と本体の二つを洗うだけなので簡単です。

このコーヒーゲーターを使用し、ステンレスなので氷を入れてワインクーラーとしても使用できますよ!
色々な使い方が出来そうなコーヒーゲーター、個人的にはとてもいい買い物をしました。

自分なりの美味しい分量などを見つけていきたいと思います。それでは最後までお読み下さりありがとうございました。

キッチンカテゴリの最新記事