増税前に買うべき日用品はペットフードと化粧品?通販はいつまでOK?

増税前に買うべき日用品はペットフードと化粧品?通販はいつまでOK?

この記事では、10月から10パーセントに上がる消費税の、ちょっとややこしい

【軽減税率】という仕組みで、

『増税前に買うべき日用品が知りたい!』

という方のための記事となっています。

タイトルにもありますが、ペット関係のもの、化粧品、医薬品や医薬部外品は対象になりますので買いだめがおすすめです。その理由もまとめました!

また、

「通販でまとめ買いをする際、いつまでに注文したら大丈夫なのか?」

も調査しました。

 

「軽減税率」というのは、基本的に、

「飲食料品」には8パーセント据え置きの消費税が加算されるというものなのだそう。

すでに勉強されている主婦さんも多いかと思いますが、筆者はまだ何も考えていませんでした(笑)

そこで、今回は毎日生活するうえで重要な「日用品」で、

消費税が増税する前に、買っておくべきもの、そうでないものを徹底的に調査したいと思います!!

 

日用品で、消費税が増税されるもの、そうでないものをしっかり理解しておくことで、無駄な在庫を家内にため込まなくて済みますし、

増税されるものをしっかり理解しておくことで、もうすぐやってくる増税に対処できるようになります。

それでは早速、増税前に買うべき日用品とそうでないものをチェックしていきましょう!

目次よりお好きな場所からお読みいただけます^^

スポンサーリンク

Advertisement

【増税前に買うべき日用品】は安売りしないもの!

飲食料品以外のものには全て10%の消費税が加算される「軽減税率」ですが、

という事は、食料品以外の日用品にも消費税10%になるの??

と思いますよね。

そうなのです。かかります!トイレットペーパーやラップ、おむつ、洗剤など、

生きるために必要な日用品にもしっかり増税します・・・。

これらの、日常で常に購入する日用品を全て買いだめしてもいいのですが、やっぱり場所を取りますし、優先順位を知りたいですよね!

調べてみると、

『トイレットペーパーやラップ、おむつ、洗剤』など、

安売りしがちな日用品よりも、「医薬品」「医薬部外品」など、

あまり安売りせず、価格が安定したものをまとめ買いするとよいそう。

次の項目に、「増税前に買うべき日用品」と「増税前に買わなくてもよい日用品」をそれぞれ一覧にしました。

増税前に買うべき日用品一覧

では早速、増税前に購入すべき日用品をまとめました。

    

 

  • 化粧品
  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • ペットフード
  • 定期券や回数券

上記の日用品は、増税前の買うべきものなのだそう。

それぞれ理由を見ていきましょう。

化粧品は、主にデパコスと呼ばれる、デパートや百貨店で売られているような化粧品を、増税前に買うと良いそう。

確かに、ドラックストアで売られている化粧品は安売りしたりもしますが、百貨店やデパートの化粧品は値引きをしないですね!

そういった、「価格が変わらないもの」をまとめ買いするという事なんですね!

医薬品や医薬部外品も同じ要領で、ドラッグストアでも安売りしない医薬品、医薬部外品って多数ありますよね?

  • 目薬
  • 湿布
  • 風邪薬
  • 頭痛薬
  • サプリメント
  • 軟膏
  • コンタクト
  • 絆創膏

・・・などなど、家の薬箱を開けてみたらきりがありませんでした(笑)

その全て、10月から消費税がアップするんですよ~!

そう考えると、お薬、医薬品関係は使用期限も長いですし「増税前に買うべきもの」に最適ですね!

ペットフードに関しては、人間が食べるものではないのでしっかり10パーセント増税してしまいます。

ペットフードも安売りしていることはまれですので、9月中の増税前に購入しておくべきでしょう。

回数券や定期券はお値段も変わりませんし使用期限を確認して購入すればお得に購入することが出来ます!

 

では、逆に『増税前に買ってはいけない日用品』一覧をまとめました。

スポンサーリンク

Advertisement

増税前に買ってはいけない日用品一覧

続いては増税前に買ってはいけないもの・日用品を一覧にしました。

  • トイレットペーパー
  • おむつなど消耗品
  • 洗剤系
  • お酒
  • タバコ

といった日用品たち。

それぞれの理由はどれも共通していて、

「まとめ買いして、その日用品の使用頻度が高くなる」から、

「上記の日用品のの増税前の買いダメはしなくてもいい

なるほどです!

確かに、たばこやアルコールなどは本当にそうで、

「もう一本ほしなっ!」

というとき、ストックがあるとついつい飲んでみたくなる気もち、わかります(笑)

実際に24箱のビールケースでまとめ買いした月は、お酒代がいつも以上にかかりました。

つまり、日用品でも買うべきではないものは、

「あると余計に使ってしまう(飲んでしまう)もの」

が、増税前でも買うべきでない日用品ですね。

スポンサーリンク

Advertisement

ネット通販はいつまでに注文すれば増税しなくて済む?


Amazonや楽天、キューテンなど、通販やネットでまとめ買いを普段からしている方も多いのではないでしょうか?

そんなネット通販は一体いつまでに注文すれば日用品を8%の消費税で購入することが出来るのでしょうか?

注目すべきは『出荷日』です!!

消費税がかかるタイミングが、

「資産を引き渡したタイミング」なのだそう。

ですので、ショップから発送された時点で消費税が8%から10%になるタイミングなのです。

出荷日が9月30日であれば消費税は8%のまま。

出荷日が10月1日以降であれば消費税は10%になります。

ネット通販で日用品をまとめ買いする予定があるかたは出来るだけ早めに注文されることをお勧めします!

【増税前に買うべき日用品はペットフードと化粧品・通販はいつまでOK?】まとめ

今回は、増税前に絶対知っておきたい日用品の買うべき品、買わなくてもよいものをまとめましたがいかがでしたでしょうか?

記事の内容を簡単におさらいすると、

  • 増税前に買うべきものは、「値段が安定しているもの」「安売りしないもの」を買うのがおすすめ!
  • 増税前に買わなくてもよいものは、「安売りするもの」や「あったら余計に消耗してしまうもの」

という風に見極めて、日用品のまとめ買いをすればいいでしょう!

筆者は、医薬品、医薬部外品の10%はちょっときついな~と個人的な意見です。

やはり健康に直結するものの増税は据え置いてほしかったな~と思うところです。ですので、コンタクトや湿布などお薬関係をまとめ買いしておこうと思いますっ!

それでは最後までお読み下さりありがとうございました!