部屋干し対策 家事えもんの得ワザで部屋干しのストレスを解消!

部屋干し対策 家事えもんの得ワザで部屋干しのストレスを解消!

こんにちは!
6月は雨続きで洗濯物を干す場所や生乾きの臭いにストレスを感じますよね。
筆者もその一人で、雨の日の部屋干しが乾きにくく、洗剤や洗い方に気を使っても、乾くまでの時間が遅いと洗濯物の嫌な部屋干し臭を発生させてしまいます。

先日放送された『得する人損する人』略して特損という番組で有名な家事えもんさんが、良い得ワザをご紹介していましたので、その方法と我が家での部屋干し臭対策を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

部屋干しの洗濯物はハンガーに〇〇〇を巻いたらすぐ乾く!?

番組では、同じ洗濯物を得ワザを使ったハンガーと、通常のハンガーでかけたのを比べると一目瞭然!約半分の時間で乾いたそう!
これは早速やってみたいですね。

気になる〇〇〇とは・・・

正解はタオルでした!

巻き方は、
・タオルをハンガーの上部、肩から首にかけて(洋服が当たる部分)を巻き付ける。
・きつめに巻かないと最後の巻き終わりの部分が取れてしまうので、しっかりきつめに巻き付ける。

以上です。超簡単ですね!

原理としては、かける洗濯物に隙間を持たせ、乾きやすくするのと、タオルが洗濯物の水分が気化するのを手伝ってくれるので早く乾くそうです。

という事は、早く乾けば、あの嫌な部屋干し臭はしないのか。
そこで、部屋干し臭の原因を調べてみました。

どうして部屋干しで生乾きの臭いは発生するの?

上記の方法で生乾き臭が解消されるという事は、早く乾かすことが生乾きの臭いの対策になるのでしょうか。
生乾きの原因を調べてみました。

汗などで濡れた衣類を放置したり、室内で洗濯物を干すと「部屋干し臭」と呼ばれる不快な臭いが出ることがあります。この臭いの元になっているのは「中鎖アルデヒド」「中鎖アルコール」「ケトン」「窒素化合物」「硫黄化合物」「脂肪酸」などの物質です。

これらは洗濯で落ちなかった皮脂やアカなどの汚れが変質したり、その汚れをエサに雑菌が繁殖したりして生成されます。外干しに比べて部屋干しが臭いやすいのは、外で干すより乾きにくいので雑菌の繁殖に必要な水分が洗濯物に長く残っていること、そして日光(紫外線)による殺菌効果が期待できないことなどが原因として考えられます。

参照:https://www.live-science.com/honkan/qanda/qalaundry03.html

つまり、洗濯で落としきれなかった汚れを餌に菌が繁殖し、日光による殺菌効果がないこと、長時間濡れたままでいるので菌が繁殖しやすいのであの嫌な部屋干し臭がするという事でした。

家事えもんの得ワザで干す方法以外にも、様々な部屋干し臭予防策が紹介されていました。

・汚れのきつい洗濯物は40度以上の熱めの湯で洗ってみる。水温が上がると繊維にこびり付いたガンコ汚れがゆるみ、これまでと同じ洗剤で洗っても汚れ落ちが良くなる。
・バケツ一杯のお湯を入れるだけでも汚れの取れ方が違う。
・皮脂汚れ(脂肪酸汚れ)にはアルカリ剤も効果あり。洗う前にアルカリ剤を溶かした水で浸け置きするとよく落ちる。(重曹やセスキ炭酸ソーダなど)
・部屋干しをするときには、洗濯物同士にできるだけ隙間を空ける。扇風機やエアコンの風を直接当てるのも良い。
・干す場所は浴室がベスト。換気扇と扇風機、サーキュレーターと併用するだけで乾く。
・1度ひどく臭いだした洗濯物は、煮洗いするか熱めの湯に溶かした酸素系漂白剤にしばらく浸けて殺菌するとさっぱりする。

一番最後の、『酸素系漂白剤に漬けておく』方法は、以前家事えもんも「オキシ漬け」として紹介されていました。
実際私もこの「オキシ漬け」を試したことがありますが、長年蓄積していたバスタオルの部屋干し臭もスッキリなくなりました!

上記の方法と共に、やはり出来るだけ早く乾かすというのが大事です。

Advertisement

部屋干し臭対策に良い洗剤とは?

液体洗剤のほうが粉末洗剤より汚れを落としそうなイメージがありますが、実は逆で、粉末洗剤のほうが洗浄能力は強いそう。

洗濯王子と呼ばれている、クリーニング店の三代目、中村祐一さん曰く、

「普通の液体洗剤を基準にして、少し汚れがひどいな? という場合には、粉末洗剤で少し強めに洗い、少しデリケートに洗いたい場合は、液体洗剤のなかでも“おしゃれ着用”の中性洗剤を使うのがおすすめです。この3つを使い分けると、汚れや素材に応じた洗い方ができます!」

参照:https://www.mamatenna.jp/article/34458/

液体洗剤に重曹を10リットルにつき5g入れるという方法も良いそうです。

我が家の部屋干し臭対策は・・・

ちなみに我が家の部屋干し臭対策はと言うと、やはり早く乾かす!というのを念頭に置いています。
脱衣所に突っ張りポールを設置し、電気代の安い深夜電力の時間帯に除湿器、サーキュレーターを併用し乾かしています。
冬場は暖房をかけるので除湿器要らずですが、夏場、特に梅雨時期は除湿器が重宝します。

この方法に加えて、家事えもんさんの、「ハンガーにタオルを巻く」方法をすればさらに早く乾くこと間違いなしです。

家事えもんさんの早く乾く方法、早速試してみたいと思います。それでは最後までお読み下さりありがとうございました。

【得する人損する人】得ワザカテゴリの最新記事