辛坊治郎氏のパワハラは嘘で確定⁉ツイッターで反撃|文春砲

辛坊治郎氏のパワハラは嘘で確定⁉ツイッターで反撃|文春砲

この記事では、「週刊文春」で明らかとなった、”辛坊治郎氏のパワハラ騒動”について、

  • 『辛坊治郎氏』のパワハラは嘘!?本人公認ツイッターで反論
  • そもそも『辛坊治郎氏』のパワハラ内容は?

を調査してみました!

 

 

辛坊治郎氏といえば、日テレ系のニュース番組、『深層NEWS』にご出演されていますよね!

コメントも辛口な部分もありつつ、他のフリーアナウンサーにはない独特の持ち味があり筆者も好きなアナウンサーの中のおひとりです。

そんな辛坊治郎氏にパワハラ騒動が「週刊文春」にて取り上げられました。(いわゆる”文春砲”ってやつですね)

その内容や、辛坊治郎氏が公認ツイッターでこの騒動について「嘘」「捏造」と反論しているツイートをまとめました!

目次よりお好きな場所からお読みいただけます^^

スポンサーリンク

Advertisement

そもそも『辛坊治郎氏』のパワハラの内容は?

辛坊治郎氏が出演し司会進行されているニュース番組、『深層NEWS』(BS日テレ系)にてその騒動が起こったそう。

『深層NEWS』の女性プロデューサーと辛坊治郎氏が放送後に口論になったという。

その場には二人だけという状況じゃなく、男性のチーフプロデューサーの姿もあり三人で会話していた状況。

  • 辛坊治郎氏は・・・

「帰ろうとしたら彼女に急に呼び止められた。男性のチーフプロデューサーも一緒でした。そこでクレームを付けられたんです」

「人が沢山通るので壁側に寄ってはいた。よく覚えていないけれど、後で他の人に聞いたら『右手を付いていた』と。ただこの歳ですから壁に手ぐらい付くでしょう。でも私が脅せるわけはない。私は出入り業者で、向こうはチーフプロデューサーもいる。どっちが立場が上か、分かるでしょ?」

参照:文春オンライン

とご本人は仰っているそう。「飛ばすぞ」と脅したというような内容もありました。

確かに、壁ドン的な内容ではありますね。

壁ドンでパワハラの場合は、1対1の場合成立するのでは?と個人的には思いました。

もう一人、チーフプロデューサーが居たとなると話は変わってきますよね。日テレ側はというと、

  • 日テレ広報部は・・・

「放送終了後、番組制作を担当している社員が、帰り間際の辛坊治郎氏に次週のラインナップやゲスト情報などを伝えた際に、番組制作をめぐる話となり、意見の相違から言い方が激しくなった場面がありました。その後、上記制作担当社員から上司に対し相談があり、当該社員はショックを受け、疲れた様子も窺えたので、代休を取得させました。この件に関して、辛坊氏と報道局幹部が話をして、辛坊氏からは『帰り間際に呼び止められ、番組の内容についての議論になったものだが、ショックを与えたとしたらまったく本意ではなく申し訳なかった』旨の表明がありました」

参照:文春オンライン

要約すると、番組終わりに次の週の番組制作についてお話しているうちに意見が合わず「言い合い」「口論」をする場面があったと。

その女性プロデューサーから上司に相談があり、「心労」がうかがえたので休みを取らせたのだそう。

その後辛坊氏から「申し訳なかった」と謝罪があった。といった内容です。

スポンサーリンク

Advertisement

『辛坊治郎氏』のパワハラは嘘!?本人公認ツイッターで反論

娘さんと初詣の様子↑↑

辛坊治郎氏のパワハラの内容は分かりましたね!

当のご本人、辛坊治郎氏は「謝罪」したような風にありますが、実際のところはどうなのでしょう?

辛坊治郎氏の公式ツイッターで、この騒動についてご本人が反論しています!

『辛坊治郎氏』のパワハラ本人ツイッター内容

時系列で並べています↓↓

いいねやリツイートの数がスゴイ・・・!

それだけ辛坊治郎氏を好きな視聴者が多いということですよね!

最後のツイート内容も、真理をついているというかなんというか。

『でも人はきっと、真実を信じる生き物でなく、信じたい事を信じる生き物なんだろうなあ。』

ほんとにそうですよね!

「真実」かどうかではなく人は「見たいものを見たいように見る」色眼鏡的な所はだれしも持っていると思います。

本当のところはどうなのか?ご本人の口から語られる日も近いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

Advertisement

辛坊治郎氏のパワハラは嘘で確定⁉ツイッターで反撃|文春砲まとめ

今回は、「週刊文春」のスクープで、辛坊治郎氏の女性Pへのパワハラ内容についてやご本人のSNSでの反論をまとめました!

ツイート内容を読んでみると、「話し合い」「言い合い」はあったものの、パワハラと捉えられるほどの口論ではないというのが辛坊治郎氏の主張でしたね!

実際に体調を崩し代休をとっているとされている女性プロデューサーへは

「貴女は局の責任者なんだから、私の発言がそんなに嫌ならクビにしたらいいだろ!」

といったのは辛坊氏認めています。

この先の展開がどうなるのか、何かわかり次第追記したいと思います!最後までお読みくださりありがとうございました。

人物カテゴリの最新記事