冷凍できる野菜リストや冷凍で栄養価アップのおすすめ野菜は?

冷凍できる野菜リストや冷凍で栄養価アップのおすすめ野菜は?

この記事では、

いろいろな野菜の最適な冷凍方法や、

冷凍した野菜の食べ方は?

冷凍した方が栄養がアップする食材がある!

最適な野菜の冷凍方法は?

など、時短料理に必須なお野菜の冷凍を上手に活用して、日々のお料理を手軽に済ませてしまいましょう!

スポンサーリンク

Advertisement

主婦の皆さんこんにちは!

毎日ご飯作りが大変ですよね。子育てに家事に仕事に・・・と、毎日息をつく暇もない!痛いほど分かります。

ご飯作りを少しでも時間短縮、時短料理にするために、また、買い置きして買い物の手間を省くために「野菜を冷凍」している方も多いのではないでしょうか?

冷凍野菜というと、スーパーにも売ってある、「ブロッコリー」や「さやいんげん」「コーン」などがありますよね~!

今回は、そんな定番のお野菜だけでなく、「大根」や「きゅうり」などの、一見冷凍に向いていなさそうな食材の冷凍方法や食べ方をご紹介します!

また、冷凍野菜の上手な解凍方法などもまとめましたので是非チェックしてみて下さいね!

目次よりお好きなところをお読みいただけます^^

冷凍野菜の食べ方は?

冷凍野菜を使用してのレシピは様々ありますが、冷凍野菜を美味しく食べるにはどういった調理を行えばよいのでしょうか?

冷凍野菜の美味しい食べ方は、

「解凍せずそのまま調理する」のがベストと言われています。

スープなどにも冷凍のまま投入したり、炒め物に使う場合も凍ったままお料理に入れるとべちゃべちゃになりません。

また、意外な食材も冷凍すると扱いやすく、食べやすくなる食材もあるのです。

スポンサーリンク

Advertisement

【冷凍野菜の食べ方】冷凍で美味しく食べられる意外なお野菜は?

定番の「ブロッコリー」「さやいんげん」などの他に、冷凍で美味しく食べることが出来るお野菜とは、

長芋・大根・アボカド・きゅうり・みそ

です。

ひとつひとつ美味しい食べ方を見ていきましょう。

長いもを冷凍・美味しい食べ方は?

長いもを冷凍??聞いたことありませんよね!

ただ、以前筆者が頼んでいたコープの個配で、すりおろしてある長いもの冷凍を注文したことがありましたので、

「長いもって冷凍できるんだ~」と思った記憶がありました。

そんな長いもの冷凍方法ですが、すりおろしてからの冷凍ではなく、皮をむいた状態での保存がおススメです!

冷凍した長いもの美味しい食べ方としては、皮をむいて冷凍してある長いもをそのまますりおろして冷やし、うどんやマグロの山かけ丼などにそのまま使用すると良いでしょう。

冷凍した状態ですりおろすと、常温ですりおろした時よりもきめ細かく、くちどけの良いとろろに仕上がります。

とっても簡単で美味しそうですよね~!

長いもは保存期間も短いため、購入して皮をむいたらすぐにでも冷凍したいですね。

大根を冷凍・おいしい食べ方は?

「大根を冷凍する」という概念が全くなかった筆者でしたが(主婦9年目)、大根も、冷凍するメリットがあるそうですよ。

大根を煮るとき、なかなか味が染み込まないですよね?時間をかけて煮込まないと美味しい煮物にはなりません。

そんな大根ですが、冷凍することで味が染み込みやすくなるのだとか!

大根の冷凍方法は、煮物を作る場合は、輪切りやイチョウ切りなどの切り方で保存するだけです。

□冷凍長いもの美味しい食べ方□

通常、煮物を作る場合、米のとぎ汁などで下茹でするのが普通ですが、冷凍した大根は下ゆでが不要なのです。

大根を冷凍することで大根の繊維組織が壊れるため、火が通りやすく味も染み込みやすくなります。

煮物に使用するのがおススメです。

大根も冷凍できるとは嬉しいですね!

煮物用の他に、お味噌汁用にも小さめにカットして冷凍しておくと日々のお料理作りの時短になりますね!

スポンサーリンク

Advertisement

アボカドを冷凍・おいしい食べ方は?

「冷凍アボカド」って業務スーパーなどでよく見かけますね!という事は、家庭でも冷凍出来るんです。

ただ、どうやって冷凍するべきか、そしてどうやって解凍すると美味しいのか意外と知らない気がします。

まず、家庭での冷凍方法は、皮をむかずに縦半分にカットし、そのまま冷凍保存します。

そのほうが食べ方によってカットする方法を色々変えられるので便利ですよ。

常温より冷凍すると、味も食感もねっとり濃厚になります。

□冷凍アボカドの美味しい食べ方□

冷凍アボカドの美味しい食べ方は、冷凍したアボカドを常温に10分ほど置き、はちみつをかけるとデザートの様な味わいになります。

また、常温で全解凍すればフレッシュなアボカドそのものに戻りますので、クリームチーズとあえたり、そのまま食べたり様々な料理にお使いいただけます。

冷凍したほうが濃厚になるというのは初耳でした。

また、「アボカドを半分だけ使いたい。」という時などはすぐ変色してしまうので、冷蔵保存でなく冷凍保存すれば黒っぽく変色するのも防ぐことが出来、一石二鳥ですね!

きゅうりを冷凍・美味しい食べ方は?

きゅうりも何と冷凍出来るんです。

夏は大量に入ってお買い得な価格で販売されているきゅうり、ついつい腐らせてしまう事も・・・。冷凍しておけば腐らせることもないですね。

きゅうりの冷凍方法は、ポテトサラダなどに入るような輪切にカットした状態で冷凍するか、すりおろして冷やしうどんなどの具にする場合は丸ごと冷凍すると良いでしょう。

□冷凍きゅうりの美味しい食べ方□

冷凍きゅうりの美味しい食べ方は、輪切りした冷凍きゅうりの水気を絞り、そのままポテトサラダの具にする食べ方や、輪切りのきゅうりを絞り、タコやカニカマなどを合わせて酢の物も可能です。

丸ごと冷凍保存したきゅうりはすりおろして、そうめんや冷やし中華などの具にしても美味しいです。

きゅうりの冷凍は意外でしたが、あと一品ほしい時に活躍しそうですね!

スポンサーリンク

Advertisement

味噌を冷凍してもいいの?

味噌を冷凍しているご家庭は少なくないかともいますが、実際のところ冷凍して大丈夫なのでしょうか?

味噌は冷凍すると、発酵スピードが遅くなるのでお美味しさを長く保てるのだそう。

また、塩分も多いため固まらないので使い勝手も良いですよ。

冷凍した方が栄養がアップする食材がある!?

「冷凍野菜は便利だけど、栄養面が気になる・・・。」

「冷凍野菜って栄養が無いような気がする。」

そんな風に思ったことはありませんか?

私はあります(笑)

「野菜は極力生で食べるほうが栄養が取れるんだ!」

という神話があるような気がしますね。

実は「生で食べるべき」は、そんなことは無いのです!一応、調理師の免許を持っているので、「生で食べてはいけない」「火を通した方が栄養がある」

など、野菜によってその性質があるのは知っていたのですが、

「凍らせると栄養価がアップする」

お野菜や食材があるのだとか。

常温で食べるより冷凍のほうが栄養がある食材とは、

にんじん・ブロッコリー・きのこ類・ブルーベリー・さやいんげん

です。

なんと冷凍野菜の定番、「ブロッコリー」と「さやいんげん」も冷凍すると栄養価がアップする仲間でした!

冷凍は理にかなっていたのですね。

□にんじん

冷蔵より冷凍の方がβカロテンや目に良いと噂のルテインも栄養価がアップします。ルテインは冷蔵時に比べて4倍も栄養価がアップします。

□ブロッコリー

冷蔵より冷凍の方がβカロテンが多くなります。βカロテンは体内で免疫力アップや視力維持効果のあるビタミンAになる重要な栄養素です。
こちらも冷蔵に比べて約4倍栄養価がアップします。

□きのこ類

きのこ類を冷凍すると、旨味成分で血液サラサラ効果も期待できる「グアニル酸」という成分が増加します。

シイタケは3倍ほど香り豊かになり、お味噌汁に少量入れるだけで香り豊かな出汁になります。

きのこは、色々なきのこをミックスさせてカットして冷凍しておくと使いやすいでしょう。

□ブルーベリー
冷凍のフルーツではお馴染みのブルーベリーも冷凍することによってポリフェノールが2倍にもなるそう。

また、目の疲れにもよいとされているアントシアニンも冷凍することによって増加します。

□さやいんげん

さやいんげんはビタミンCや抗酸化作用が高く美肌効果にも良いとされているルテインが含まれています。

冷蔵よりも冷凍しているさやいんげんのほうがポリフェノールやビタミンCは増加するといわれています。

個人的に驚いたのは、「ビタミンC」も冷凍で増加するという事。

新鮮なお野菜を摂取するのが理想ですが、冷凍野菜でも十分栄養はある、むしろ栄養価がアップするお野菜もあるのですね!

スポンサーリンク

Advertisement

冷凍野菜・いつまで冷凍出来る?

野菜を冷凍することの良さが分かったところで、では、だいたいの保存目安はどれくらいなのかが気になりますよね。
冷凍しているのでお野菜自体が腐ることは無いのですが、

だいたい1~2ヶ月が野菜の冷凍保存の目安だそう。

また、お野菜を冷凍するタイミングも、お野菜をスーパーから買ってきてすぐ、出来るだけ早い段階で冷凍すると良いそう。

常温や冷蔵保存で徐々に栄養素は少なくなっていくのだとか。

夕食で使用した際に、当日の分だけカットするのではなく、「ついで切り」して冷凍しておくと忙しい主婦でも冷凍野菜のストックを無理なく保存することが出来ますよ~!

冷凍野菜の保存は「ジップロック」とアルミトレーでOK

冷凍野菜の保存方法はジップロックなどの封の出来るビニール袋が良いですね。

大容量のジップロックも販売されていますよ~!

また、アルミ製のトレーを冷凍庫へ入れておき、その上に冷凍したいものを置くと普通に冷凍するより急速に冷凍出来るのでおすすめです。

こんな感じのトレーです。100均にも売っていると思います^^

冷凍野菜の美味しい食べ方・まとめ

今回は冷凍野菜の食べ方と、冷凍すると栄養素がアップするお野菜やフルーツを特集しましたがいかがでしたでしょうか?

個人的に重宝しているのは、「長いも」の冷凍です。

安いときに多めに購入し、使いたい時にすりおろすだけなのでとても簡単です!

きゅうりの冷凍も絞りやすくなりポテトサラダや酢の物に最適なんです。

良かったらお試ししてみて下さいね~!

それでは最後までお読み下さりありがとうございました!